妊娠線はいつからできて、どれぐらいで消えるのか??

妊娠線予防のために妊娠線クリーム等の利用をしようと思うけど、いつ頃から妊娠線の発生に気をつければいいのか、また、妊娠線ができてしまった場合、それはどれくらいで消えるのか・・・そのようなことに、不安を持っている人も多いでしょう。

 

ここではその疑問にお答えしましょう。

 

■妊娠線ができはじめるタイミングはこの時期!

妊娠線1
ではまず、妊娠線ができはじめるタイミングはいつ頃からなのかというと・・・

 

ズバリ、妊娠6ヵ月頃の時期です。

 

この頃からおなかがどんどん大きくなってくるので、皮膚が強く引っ張られるような状態になるんですよ。

 

そして、その皮膚の引っ張りに皮膚自体が耐え切れずに裂けてしまうことで、妊娠線ができるのです。

 

となると、妊娠線予防のための妊娠線クリーム等は、妊娠6ヵ月に入ったあたりから使用開始するのがいい、と思われがちなのですが、実はそうではありません。
妊娠線予防の効果を最大限に出したいなら、できれば妊娠初期から使うほうがオススメです。

 

なぜなら妊娠線クリームには、皮膚の健康・弾力作りに役立つ美容成分が含まれていることも多いですから、そうした成分で、妊娠初期から「健康的で弾力のある皮膚づくり」をしておくと、妊娠線予防効果がより高まることが期待できるんですよ。

 

事実、妊娠線クリームの中でも特に高い人気を誇るベルタも、メーカー側が妊娠初期からの利用を推奨しています。

 

■妊娠線はどれくらいで消える?

妊娠線2
では次に、できてしまった妊娠線はどれくらいで消えるか、についてですが、残念ながら、一度できてしまった妊娠線が完全に消えることは、まずありません。

 

しかし、出産からしばらくたつと、妊娠線自体が白っぽくなり、ある程度は目立ちにくくなります。

 

ちなみに、この「自然治癒によって妊娠線が白っぽく目立たなくなるまでの期間」については個人差が大きく、数ヵ月で白っぽくなる人もいれば、数年かかる人もいます。
全体的には「おおむね1年前後かかる人が多い」といったところでしょう。

 

この「妊娠線が目立たなくなるまでのスピード」を少しでも早め、さらに、最終的なおなかの状態を、自然治癒よりもいい状態にしたいのであれば、皮膚の保護や修復に役立つ成分が入った妊娠線クリームを、毎日おなかにすりこむことをオススメします。

効果が高い妊娠線予防クリームランキング

子を望む女性にとって、妊娠すること自体はとても嬉しいことなのですが、妊娠によって、さまざまなトラブルが起こりやすいのも事実。

 

そして、妊娠にまつわるトラブルの中でも、外見上の大きな問題として挙げられるのが「妊娠線の発生」です。妊娠線ができてしまうと、出産後も「妊娠線の跡が目立ってしまう」など、外見上に悪影響を及ぼしてしまいますからね。

 

そんな妊娠線を予防するために効果的なのが、妊娠線クリームです。

 

妊娠線クリームは、その名のとおり、妊娠線予防に特化したクリーム。油分一辺倒の一般的なクリームと比べると油分と保湿成分のバランスが良く、おなかの皮膚を弾力とうるおいのある状態に仕上げる作用にすぐれています。

 

さらに、良質な妊娠線クリームは「妊娠時のデリケートな肌でも安心して使えるように」というコンセプトで作られているため、成分の安全性も一般的なクリームより考慮されていると言えます。
ですから妊娠線予防にはぜひ、妊娠線クリームを使いましょう!

 

では、妊娠線クリームの、オススメベスト3をご紹介します!

 

1位:ベルタ妊娠線クリーム

妊娠線3
数ある妊娠線クリームの中でも、一番のオススメと言えるのは、ベルタ妊娠線クリームです。「ベルタと言えば葉酸サプリというイメージを持っている人もいるでしょうが、実はベルタは、妊娠線クリームも大人気なんですよ。

 

ベルタやAFCの妊娠線クリーム

 

ベルタ妊娠線クリームが多く人に支持されている最大の理由は、「徹底的な成分へのこだわりで、妊娠線予防に期待できる作用と安全性が特にすぐれている」という点でしょう。

 

徹底した無添加処方で安全性がきわめて高く、香りづけについても合成香料はいっさい使わず「天然のグレープフルーツの香り」を配合。グレープフルーツの香りは、「さわやかな香りで心をリラックスさせられる」ということで、妊娠中のアロマにも勧められているほどですから、この香りなら安心です。

 

次に成分について見てみると、肌にうるおいを与えるだけでなく、コラーゲンの修復や再生作用があり、妊娠線予防だけでなく、できてしまった妊娠線ケアにも役立つと言われるシラノール誘導体や、スーパーヒアルロン酸・コラーゲン・馬プラセンタなどの美容成分を配合。

 

さらに、美肌作用が期待できる葉酸・アミノ酸・ビタミンまで配合されています。

 

数ある妊娠線クリームの中でも、これほど成分が充実しているものはめったに見当たりませんね。とことん質にこだわりたい人に、最適の妊娠線クリームと言えます。

 

ベルタ妊娠線クリームの購入前や使用時に不安や疑問がある人も、出産経験のあるベルタ社員による電話サポートを受けることができますので安心ですよ。

 

成分の充実性・安全性、そしてサポートにまでこだわったベルタ妊娠線クリームには、「妊娠後期はおなかの張りが相当すごかったんですが、ベルタのおかげで妊娠線ができずに済みました!」「伸びがよくて、潤い感があって、使い心地がいいです。妊娠線の予防効果もバッチリ大丈夫でした☆」「電話でいろいろ相談にのってもらえて、精神的にもすごく助かった」など、好意的な口コミが数多く寄せられていますよ。

 

2位:AFCストレッチマーククリーム

妊娠線4
妊娠線クリームのオススメ第2位は、AFCのストレッチマーククリーム。

 

このクリームの大きなメリットは、「お手頃価格である」ということです。

 

良質な妊娠線クリームは、単品購入だと6,000円台〜8,000円台、定期コース利用でも5,000円前後、というものが多いのですが、AFCストレッチマーククリームなら単品購入でも税別2,800円というお手頃価格となっています。

 

成分については、葉酸および、保湿作用や真皮の亀裂を防ぐ作用のあるライマメ種子エキスやダーマクロレラ・肌を整えるためのアラントイン・温感作用が期待できるヘスペジリンなどを配合し、香りは爽やかな天然由来のネロリの香りに仕上げています。
ベルタ妊娠線クリームに比べると、成分の充実性については多少の物足りなさを感じますが、コストを考えれば上出来でしょう。

 

安全面においても、AFCストレッチマーククリームは合成香料・着色料・鉱物油の3種類については無添加。これもベルタ妊娠線クリームほどの「徹底した無添加処方」というわけではありませんが、かなり安全度は高いと言えます。

 

コストと品質のバランスがいいAFCストレッチマーククリームは、利用者の口コミにおいても「コスパがいいのが何より助かります」「ベタつかないので使いやすい」「このクリームのおかげで、臨月の今も妊娠線の発生はなく、嬉しい気分です♪」などといった高評価を得ていますよ。

 

3位:超保湿クリームプリモ(primo)

 

妊娠線クリームのオススメ第3位は、超保湿クリームプリモ(primo)です。
妊娠線5
プリモは「超保湿」を名乗るだけあって、その保湿力はピカイチ。保湿力が高い分、クリームの使い心地については「少しテクスチャの重さが気になる」という人もいますが、乾燥肌体質の人にはちょうどいい妊娠線クリームだと言えるでしょう。

 

皮膚の修復再生に役立つ2種のペプチド・真皮の亀裂予防とうるおいに役立つライマメ種子エキス・炎症などの皮膚トラブルを予防するためのグロブラリアコルジホリアカルス培養エキス・細胞の保護・解毒・修復のためのハナショウガエキス+カフェインなどが配合されているなど、成分面の充実もなかなかのものとなっています。

 

「他社の妊娠線クリームはサラッとしすぎてて物足りないけれど、これならしっかり保湿できます」「プリモを使ってから、おなかの肌の手触りがやわらかくなった気がします!」など、プリモならではの充実した保湿力を評価する声が多いですよ。

 

■ベルタ妊娠線クリームが一番オススメな理由は?

 

というわけで、妊娠線クリームのオススメベスト3をご紹介しましたが、この中でベルタ妊娠線クリームを一番のオススメとした理由は、やはり「安全性と成分の充実性、どちらにおいても他社のクリームよりすぐれている」ということが挙げられますね。

 

妊娠線を予防するために役立つ成分が充実しているだけでなく、できてしまった妊娠線を目立たなくするための成分もしっかり配合されているというバランスの良さと、合成香料や着色料だけでなく、8種類もの「皮膚への影響が少しでも気になる成分」を徹底無添加にしているという際立った安全性の高さ・・・このハイレベルな両立ができている、という点が非常に高く評価できるのです。

 

また、「商品についてだけでなく、妊娠に関するいろんな相談にのってくれる電話サポートがある」という配慮も、ベルタを選ぶ大きなメリットと言えますね。

妊娠線を消すオススメマッサージの方法まとめ

妊娠線というのは、一度できてしまったら、あとから完全に消すということは無理。

 

ですから、妊娠線を消したいと思う人は、まず何より「妊娠線ができてしまう前に、妊娠線ができにくい状態にして予防する」ということが大切です。

 

そんな妊娠線予防のためのマッサージのコツをご紹介しましょう。

 

■妊娠線予防マッサージにはクリーム等を使おう!

妊娠線6
妊娠線予防のためのマッサージ、と言っても、肩こり時のマッサージなどのように、ぐっと力を入れてもむ、というようなことはしてはいけません。妊娠線予防のマッサージは、あくまで、なでるようにやさしくするのが基本です。

 

「だけど、そんな刺激のなさすぎるマッサージって、何の効果もないじゃない」と思われるかもしれませんが、確かに、「普通に、おなかを素手でさするだけ」なら、妊娠線予防の効果もほとんど見込めないでしょう。

 

ですが、妊娠線クリームなどをおなかにつけた上で、なでさするマッサージをするというのは、実はかなり効果的です。

 

クリームを何度もさすることで、皮膚にしっかりなじんで成分が浸透しやすくなりますからね。

 

ワセリン等、「油分オンリー」なものを使って妊娠線予防をする人も多いですが、妊娠線クリームの場合、油分だけではなく保湿成分などの「皮膚の状態を良くするための美容成分」も配合されていますので、こちらのほうがよりオススメなのです。

 

■妊娠線クリームは、できてしまった妊娠線を目立ちにくくすることも可能!?

妊娠線7
さて、冒頭で「妊娠線というのは、一度できてしまったら、あとから完全に消すということは無理」と述べましたが、できてしまった妊娠線を完全に消すのは無理でも、「妊娠線を目立ちにくい状態にする」ということは可能です。

 

妊娠線クリームの中には、シラノール誘導体など、皮膚組織の修復に役立つ成分が含まれているものもありますので、こうしたものを使えば、妊娠線ができてしまった皮膚も、ある程度は回復させられる可能性があるのです。

 

また、「おなかに油分を塗る」というだけでも、物理的に妊娠線はある程度目立ちにくくなります。
これは「皮革製品のバッグに小さなひっかき傷ができても、しっかりワックスがけすれば多少は目立たなくなる」というのと似たような理屈です。

話題のココナッツオイルで妊娠線予防の方法と塗り方

妊娠線予防のためには、良質な妊娠線クリームを利用することが一番オススメですが、「どうしても、純粋な自然の油だけにこだわりたい」という人は、自然派の人に話題の、ココナッツオイルを利用してみてはいかがでしょうか。

 

■なぜ、数ある油の中でココナッツオイルがオススメなのか?

妊娠線8
ではまず、なぜ、自然派の人の妊娠線予防の手段として、数ある油の中でココナッツオイルがオススメなのか、それをご説明しましょう。

 

スキンケア用品などにも使われる「人の皮膚と相性がいい油」としては、ココナッツオイルの他にも、ホホバ油や馬油などがあります。

 

しかし、ホホバ油は「少量ならサラッとした使い心地だけれど、妊娠線予防のためにたっぷりつけるとなると、ベタつくケースも多い」という欠点がありますし、馬油は何といっても「独特の生臭いにおいが気になる」という人が多いです。

 

これに対してココナッツオイルは、油の中ではトップクラスにサラッとした質感を持っており、においについても「ほんの少しココナッツの香りがする」というだけで、この香りを嫌う人は少ないです。

 

また、ココナッツオイルは食用の油として長年使われてきたという高い安全性がある点も、見逃せないメリットですね。

 

■妊娠線予防のための、ココナッツオイルの使い方

妊娠線9
では、妊娠線予防のために、ココナッツオイルをどのように使えばいいかをご説明しましょう。

 

まず、ココナッツオイルをおなかに塗るタイミングは、入浴直後がベストです。

 

皮膚がうるおった状態になるためには、水分と油分が必要なのですが、ココナッツオイルには油分しかありません。
ですから、入浴直後で、まだ多少皮膚が湿っているような状態の時につけるのが正解なのです。

 

さらに、ココナッツオイルを塗る前に、保湿性の高い化粧水などをおなかにつけておく、ということをすれば、より効果的ですよ。

 

そしてココナッツオイルを塗る時は、手をしっかり温めて、まずは手のひらにココナッツオイルをとり、「おへそを中心に、手のひらを時計回り&反時計回りに回しさする」という感じでオイルを伸ばしていきましょう。

 

次に、指先にココナッツオイルをとり、おへその両脇から下腹部に向かって、くるくると指の腹でらせんを描くようにしてオイルを塗っていきます。

 

あとは、お腹周りから下腹部にかけて塗り残しのないように、手のひらでさすって全体にオイルを伸ばしていきましょう。

 

特に、おへそから下の部分は、オイルの塗り忘れ箇所が出てしまいやすいので、多少念入りにオイルを伸ばすことをオススメします!

 

■妊娠線予防にココナッツオイルを使うならこれ!

妊娠線10
さて、ココナッツオイルを妊娠線予防オイルとして使うのであれば、せっかくですから、オイルの質にもこだわりたいですよね。

 

そんな「こだわりココナッツオイル」を選びたい人におすすめなのが、ココナッツ専門店「プカプカ」が取り扱う、プカプカ エクストラバージンココナッツオイルです。

 

プカプカ エクストラバージンココナッツオイルが、普通のココナッツオイルとどう違うのかというと、まず、原料に使われているココナッツの質が違います。

 

プカプカ エクストラバージンココナッツオイルの原料となっているココナッツは、化学肥料や農薬などをまったく使用していないという、まさに自然の恵みそのものの超良質ココナッツ。

 

そして、プカプカ エクストラバージンココナッツオイルは、オイルの抽出法にもすごいこだわりがあります。ココナッツの殻を割ってから1時間以内に、ていねいにココナッツをしぼって、それをろ過してプカプカ エクストラバージンココナッツオイルとして仕上げるんですよ。

 

この製法は低温圧搾(コールドプレス)と言って、「溶剤を使って高圧・高温をかけ、なるべく多くのオイルを無理やりしぼり出す」という一般的な製法よりも手間ひまもコストもかかるのですが、溶剤などを使わない分、安心度がバツグンに高いのが魅力です。

 

そしてさらに、「新鮮なココナッツの栄養分が、そのままオイルにも生きた状態で残る」ということで、ちょっとした美容成分のような効果が期待できるというメリットもあります。

 

というわけで、プカプカ エクストラバージンココナッツオイルは、ココナッツそのものの品質にも、オイルの抽出法にもこだわった、まさに文句なしの最高級ココナッツオイルだというわけです。ヨーロッパやアメリカの機関からオーガニック認定も受けているほどですから、本当に安心して使えますよ。

 

 

妊娠線クリームと保湿クリームの違い?配合成分に違いは?

 

妊娠線クリームと保湿クリーム、どちらも肌のうるおいを保つクリームですが大きく違うことがいくつかあります。
保湿クリームは乾燥肌や敏感肌の原因になっているバリア機能の低下に、水分補給で対応するのではなく、肌のバリア機能を構成するセラミドなどの保湿成分を届けるものです。
妊娠線は、乾燥や体重の増加により真皮の内側が弱って裂けてしまうのが原因の一つです。それを防ぐために、肌の表面のうるおいを保つ保湿クリームの成分に加え、表皮の奥までうるおうための成分が追加されているのが妊娠線クリームです。さらに、妊娠線クリームは直接飲み込むわけではないので、お腹の赤ちゃんに影響が出るようなことはないと考えられていますが、母体自体のトラブルが予想される化学物質や刺激物が入っていない商品が多いです。

 

 

では、なにやら体に無害そうな「オーガニック」や「無添加」の商品ならすべて安心なのか、というとそうではありません。保湿クリームも妊娠線クリームも同様に気を付けなければなりません。
オーガニックや無添加には、「自然由来のものでできていて体にやさしそう」なイメージがありますが、オーガニック製品とは無農薬無化学肥料で育てられた植物を原料にした製品のこと、無添加は旧表示指定成分が配合されていない製品のことです。

 

 

 

オーガニックは栽培方法が限定されているだけで、植物の種類等には言及していません。材料となる植物の中にはアレルギーを引き起こすものが入っている場合があります。
無添加の旧表示成分とは102種類の有害化学物質のことです。現在は2001年から使用した原料の全表示が義務付けられていますが、それ以前は表示義務がありませんでした。管轄する旧厚生省が、皮膚障害を引き起こす可能性のある化学物質の中からとくにアレルギーや接触刺激、皮膚毒素、発ガン性等の症例が報告されたものを表示するよう義務付け、現在の全表示の中で他と区別するために「旧表示成分」と呼びます。とくに有害な102種類が入っていないだけで化学物質が全く入っていないわけではないのです。
妊娠中の女性は肌だけではなく、体の色々なところにトラブルが起きやすいため良く選んで購入しましょう。

 

 

また、妊娠線クリームを使用する際、人によってはクリームを塗る行為自体がお腹のマッサージになってしまい、お腹の張りを引き起こすことがあります。使用量が少ないと滑りが悪く、余計に変な力がかかってしまうので、ケチらずに使うことも大切です。