ノコア妊娠線クリームとオイルでWケアしてみた!予防×改善できる?

妊娠線はできる前にお手入れしなければ諦めるしかない・・・。

 

そんな考えを持つママが多いのではないでしょうか。私もそのうちの一人でした。
実際に一人目を出産後に見つけた妊娠線は、いろいろなケアをしたけど改善できず残ったまま。「産後は妊娠線クリームを使っても意味がないんだ」とノコアを使う前までは思っていました。
ノコアは妊娠線ができてしまう前のケア、できた後のケアに有効的な商品です。ママ友の間でも話題になっており、妊娠線クリームとオイルのWケアをすることで、もっとも力を発揮します。
今回は3人目を妊娠中に使用したときの感想と、1人目妊娠中にできた妊娠線の改善をするために、ノコアを使ってWケアした効果についてご紹介します。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルそれぞれの成分について徹底調査

妊娠線クリームはどの商品も成分にこだわって開発されていますが、ノコアの配合成分を調べてみると、力の入れ方がまったく違うことがわかりました。
「妊娠線を絶対に作らせたくない!改善したい!」という願いを、全49種類もの有用成分により叶えてくれます。ノコア妊娠線クリームとオイル、それぞれの成分を一部お伝えしますので、購入前にぜひ参考にしてください。

 

ノコア妊娠線クリームの成分

 

・ファンコスC-IS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)
・フラーレン
・アセチルデカペプチド-3
・ビルベリー葉エキス
・Body3 Complex(ベントナイト、シアバターノキエキス、アボカドエキス)
・ポリグルタミン酸
・水溶性プロテオグリカン
・メロン胎座エキス(植物性プラセンタ)
・ビターオレンジ花油
・オリーブ果実油

 

ノコア妊娠線クリームには、できてしまった線をアフターケアするための独自成分「ディープリフトVC」を配合しています。この成分はファンコスC-ISやフラーレンなど5種類をバランスよく配合した成分です。
浸透した成分が角質層奥まで供給、その後ダメージを受けた細胞へ保湿します。高保湿成分が細胞間に潤いを与え、皮膚が避けてダメージを受けた部分の改善します。

 

ノコア妊娠線オイルの成分

 

・ホホバ種子油
・アーモンド油
・スクワラン(植物性)
・ファンコスC-IS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)
・VC-IP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)
・ショウガ根油
・ブッチャーブルーム根エキス
・ホワイトバーチ(ヨーロッパシラカバ樹皮エキス)

 

ノコア妊娠線オイルのベースは、3つの植物性オイルです。ノコアが妊娠線を予防・改善できる理由は、この植物性オイルがヒトの皮脂構成成分に近いため、しっかり肌に馴染んでベースを整えるからです。
そこへビタミンC誘導体(ファンコスC-IS/VC-IP)がたっぷりの保湿を与え、植物の根から抽出したエキスが皮膚のめぐりをサポートします。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルのWケアが効果的な理由

 

ノコア妊娠線クリームとオイル、なぜ2つの商品を一緒に使う必要があるのか。できれば1つだけで手軽にケアしたいと思う方も多いでしょう。
このWケアをするからこそ、ノコアは妊娠線ができる前とできた後に効果的なのです。
なぜこれほどまでに効果的なのか、理由を確認していきましょう。

 

W使いで成分をより高い浸透率へ導く

 

ノコアは「オイル→クリーム」の流れで使います。
一般的にオイルだけ、クリームだけと単体使いをしますが、これだと肌が成分の受け入れを準備していないので、十分な効果が発揮されません。

 

【1】ノコア妊娠線オイルで乱れた水分と油分バランスを整えて、クリームの受け入れ体制を整えます。
【2】ノコア妊娠線クリームに配合される高保湿成分がしっかり浸透して、潤いに満ちた肌質へ整える。

 

このようにW使いすることで、妊娠線を作らせない肌質へ作り上げるのです。

 

オイルとクリームのメリットをより高める

 

オイルとクリームには、それぞれメリットがあります。

 

オイル:油分が多いため浸透率が早い
クリーム:表皮に膜を張り水分蒸発の防止

 

他にもお互いにメリットはたくさんありますが、2つの商品を使って妊娠線ケアすることで、相乗効果が生まれより高い効果が実感できるのです。

 

肌の土台をしっかり整えてから栄養を供給

 

妊娠線クリームを使っているのに効果がないのは、肌の土台が整っていない証拠。栄養成分がしっかり角質層奥まで届けるためには、肌内部の水分と油分バランスを整える必要があります。
ノコア妊娠線クリームとオイルの両方を使うことで、土台を整えて成分を浸透させるため、これまで改善できなかった部分に効果的なのです。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルで予防できる?レビュー記事

 

ここまで紹介してきた内容を見ると「使ってみたい!」と思いますが、実際に予防できるか生の声が気になりますよね。
口コミではよい意見が多いのですが、真実を知るために私自身が体験してみました。3人目を妊娠3ヶ月から使用した口コミです。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルの匂い

 

妊娠線ケアは“早期ケア”が大切とのことで、つわり中の妊娠3ヶ月から使用しました。その時に感じた匂いがこちらです。

 

クリーム:控えめな匂いなので気になりません
オイル:気持ち悪いと感じる日がありました

 

クリームは大丈夫でしたが、つわりの時期にオイルはきびしいかな・・・。
ノコアの匂いについて配合成分を調べてみたところ、スパイス系の精油がたくさん入っていました。原因はこれですね。
公式サイトによると、どうやら妊娠中は白いラベルの「ファーストボディトリートメントオイル」がおすすめとのこと。

 

何も気にせず黒いラベルの方(ヒートブースター)を購入していました。妊娠中に購入する時は、「白ラベルのオイル」をおすすめします。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルの量

 

妊娠5ヶ月あたりから、びっくりするスピードでお腹が大きくなりますよね。ノコア妊娠線クリームとオイルを使い始めた頃はぺたんこだったのに、妊娠後期になると塗るのが大変なくらい面積が広いです。
妊娠前期と後期、1本でどれくらい持つのかをまとめました。

 

クリーム:(前期)49日間/(後期)30日間
オイル:(前期)54日間/(後期)33日間

 

どちらも1ヶ月以上は持ちました。塗る場所やお腹の大きさによって違うと思いますが、伸びがいいので長持ちします。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルの安全面

 

妊娠するといつも使っている化粧水が使えなくなる私。この時期だけ敏感肌になるのが悩みです。敏感肌でも問題なく使えたのかをまとめました。

 

クリーム:まったく問題なし
オイル:まったく問題なし

 

結果的にどちらも刺激なく使えました。どちらも植物由来エキスが中心に配合されているので、ほとんどの肌質に大丈夫みたいですね。

 

でも植物エキスによっては、肌に敏感な方もいるので、利用前のパッチテストは必須です。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルの価格の満足度

 

 

ノコアは単品購入より、クリーム&オイルの2本セットがお得!

 

【単品】
クリーム:6,980円
オイル:4,890円

 

【2本セット】
通常:11,470円
定期:10,470円

 

妊娠すると仕事をセーブしたり、妊娠トラブルで思わぬ出費など、とにかくお金が必要です。それでも妊娠線だけは作らせたくなかったので、ノコアの2本セット定期便で迷わず購入しました。

 

1本あたり1ヶ月以上と持ちも良く、定期だと割引や送料無料、いつでも休止できるので満足です。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルのみんなの口コミ

 

私以外にノコアを使った方たちの口コミをまとめました。

 

・価格が少し高いなという印象。10日間の返金保証があるので取りあえずで使用しています。使用感が良かったので定期購入に切り替えました。

 

・オイルは少しベタつきますが肌に馴染むとしっとりします。クリームは伸びが他の商品よりも少し悪いかも・・・。全身に使えるのはいいですね。

 

・香りにリラックスできますね。妊娠中はイライラする事が多いので、ハーブ系の香りは癒やされます。でもつわりの時は、ムカムカする時があったので、使用量は控えたりアレンジが必要かと思います。

 

・お腹が大きくなると皮膚がかゆいのが悩みでした。ノコアで保湿ケアしたところ、かゆみの強かったお腹まわりがスーッとなくなり快適。オイルだけ使用した日があったのですが、単品使いだとベタつきが気になります。ここがちょっと残念かな。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルで改善できる?レビュー記事

 

1人目で妊娠線ケアせずに出産したため、数年たっても下腹部に白い線があります。「ノコアなら改善できるかも!」と願いを込めて、産後も継続して使うことにしました。

 

結果的には少しずつ薄くなってきた段階途中で、完全にキレイになってはいません。ノコアを産後に使用しても刺激がないかなど、ポイント別にまとめました。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルの匂いは産後も大丈夫?

 

クリーム:フローラルの香りに癒やされました
オイル:強くない匂いなのでスパイス系でも気になりません

 

匂い的におすすめなのはクリームの方です。フローラルの香りがするのですが、我が家は洗濯洗剤などすべてフローラル系なので、産後の疲れたカラダとココロがとても癒されました。

 

オイルはあまり強くない香りなので、そこまで気になりません。混ぜ合わせてもフローラル系の香りが強いですね。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルの量は産後も満足できたか?

 

それぞれ1本使い終わるまでの日数をまとめました。

 

クリーム:40日間
オイル:45日間

 

妊娠前期の使用量と比較すると、産後の方が減りが早かったです。理由は塗る面積が増えたから!

 

・お腹
・足の付根
・腰
・お尻
・二の腕

 

妊娠線がある部位すべてに塗り込みました。1本の消費量が増えたため、無くなるペースも早かったです。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルは産後でも低刺激?

 

クリーム:まったく問題なし
オイル:まったく問題なし

 

産後は混合肌に戻ったらしく、刺激なく使えました。乾燥が気にならなくなったので、オイル量が多いとベタつきが気になります。

 

妊娠中の使用量の半分(1円玉半分くらい)をお腹部分に塗って、使用量を調整しました。この量でもお腹周りをしっかりカバーします。

 

ノコア妊娠線クリームとオイルの価格は満足?

 

妊娠前と変わらず、ノコア妊娠線クリーム&オイルのセットを定期便でお願いしています。価格は使用量や効果など総合しても満足しています。

 

産後に使用!ノコア妊娠線クリームとオイルのみんなの口コミ

ノコア妊娠線クリームとオイルを、産後に使った方の口コミをまとめました。

 

・妊娠線を消したくて使用しましたが効果がありません。使用して1ヶ月経過なので、もうしばらく様子を見てみます。これで効果があればお得ですが、効果がなければ高い買い物ですね。

 

・クリームが固めなので産後の妊娠線改善には結構な量が必要です。1日2回ほど塗るのがいいみたいですが、コスパを考えて1回にしています。保湿力は高いので、朝塗っても夜までしっとり感は続いていますよ。

 

・産後ですがニオイが気になるのでファーストの方のオイルを使っています。今のところ問題ありませんが、もう少し伸びが良ければなと正直なところ思います。体温が高いと伸びがいいので、入浴後などにおすすめです。

 

・妊娠線が少し薄くなっているように見えます。全体的に細い線に変わってきたので、前よりも目立たなくなりました。もうちょっと使えばさらに効果があるのかも!期待したいですね。

 

まとめ

 

ノコア妊娠線クリームとオイルを使って、妊娠中と産後の予防&改善を体験してみました。妊娠時のつわり中は匂いで気持ち悪くなる日がありましたが、保湿力があったので3人目にして妊娠線が1本もできずに過ごせました。

 

1人目の出産でできた妊娠線を消すため、産後も継続して使用しましたが、今のところ完全に消えていません。しばらく塗り込んで様子を見ていきます。

 

植物エキスが配合されているので、妊娠中は白ラベルのオイルを使用するなど、工夫すると使いやすさがより高まりますよ。

 

おすすめ妊娠線クリームランキング