質より量!たくさん使って乾燥を防ぐ

妊娠中、先輩ママから「いくら気を使っても妊娠線はできちゃう」と聞かされており、妊娠線についてはほぼ諦めた気持ちでいました。また、母も妊娠線がたくさんできたと言っていたので、自分もスイカのようなお腹になっちゃうのかな、と覚悟はしていました。
それでも、やらないよりはマシかも、という思いで、西松屋で売っていた犬印マッサージクリームを購入しました。妊娠を機になぜか乾燥肌になったのと、ちょうどお腹が膨らんでくるのが秋から冬の乾燥の時期だったので、妊娠線予防、というよりは、皮膚の乾燥対策を目的に、高級な薬効あらかたなものじゃなくてもいいや、と思い、お手頃で容量も多いものを基準に選びました。

 

購入したのは妊娠7ヶ月頃で、一日1〜2回、日中と寝る前にお腹とおしりに塗りこんでいました。出産までに、ポンプ1本半ほどを使いました。
使い心地は、伸びもよく適度に潤うのに手にベタベタ残る感じもせず、かなり良かったです。価格も手頃なので、毎回たっぷり使えるのも良かったです。香りもあまりついておらず、家族にも勧めたところ、とても好評でした。
妊娠線19
肝心の妊娠線ですが、体質なのか、クリームが効いたのか、妊娠中から出産直後は全く出てこなくてびっくりしました。ただ、産後3ヶ月ほど経ったら、なぜか鼠径部の辺りに数本現れました。でも、覚悟していたよりも全然少なくて嬉しかったです。なまじ高級なものを買ってチビチビ使うより、安くても大容量のものを惜しげなく使って乾燥を防いだほうがいいのかもしれません。

妊娠線クリームを使用した体験談について

妊娠線クリームというものの存在を最初は知りませんでした。妊娠線クリームというよりも、妊娠することによって、赤ちゃんを産んだ後でも一生、線が残ってしまう可能性があるということさえ知らなかったのです。けれども既に妊娠を経験していた学生時代の先輩が教えてくれたため、何とか事前に気づくことができます。もし学生時代の先輩に教えてもらっていなかったらと考えると恐ろしくなってしまいます。

 

しかし妊娠線クリームを塗らなければならないということはわかったものの、どの商品を選べばよいのかがわかりませんでした。けれども結局はベルタ妊娠線クリームを選択しました。なぜかというと葉酸サプリの時など、ベルタの商品は何度か使っていたので、安心して使用ができたからです。
実際にもしっかりと無添加と無香料という好条件でした。そのおかげで、インターネットの口コミなどでは見られた副作用の被害には全く遭わずに済みました。

 

最後にまとめると、妊娠線クリームの必要性を事前に教えてもらうことができたうえに、ベルタの安心できる商品に巡り合えたということで、とても幸運でした。使ってみて!妊娠線クリームに助けられた私の体験談!!
妊娠線20